高血圧になったときのために|ここを押さえておけば大丈夫

夫婦の食事

高血圧の怖さ

男女

食習慣の乱れによって、体重増加や何らかの症状が現れるようになります。生活習慣病の1つ、高血圧もその1つです。高血圧になってしまうと、動脈硬化を起こす可能性が大いに高まります。それにより脳梗塞や狭心症、心筋梗塞などの重い病気を発症してしまうことがあります。最悪のケースだと、大動脈破裂によるクモ膜下出血を起こしてしまいます。それほど高血圧は怖いものなのです。人より少し血圧が高いという人は、血圧が高くなる要因となるもの、ことに注意しましょう。例えば睡眠不足や水分不足、過度の飲酒などはいずれも血圧を上げてしまう作用があります。高血圧は死の恐れすらある、大変怖いものです。ただ普段の生活に気を付けていれば十分予防することができます。ちょっとしたことに気を付けて、高血圧と縁の無い生活を送りましょう。

栄養成分の中には、血圧を下げる作用のあるものがあります。その成分を普段の食事の中で積極的に取るようにすれば高血圧の予防及び改善に繋がります。タンパク質やカリウムなどは血圧を下げる作用を含む代表的な成分として知られています。またカルシウムやマグネシウム、食物繊維や酵素なども同じ作用を持っています。これらの成分は栄養サプリの主成分としても販売されているので、食事療法と並行して毎日飲み続けるのも良いかもしれません。ただ栄養過多になってしまうと体調不良を引き起こす一因となってしまうので、飲み方や飲む量には十分注意しましょう。