高血圧になったときのために|ここを押さえておけば大丈夫

man

塩分との関係性

医者

高血圧の予防、改善のカギはずばり「食事の塩分」です。食事に含まれる塩分を上手にコントロールすれば、高血圧予備軍の人は高血圧を避けることができ、今高血圧の人は改善に向かうことができます。ただ多くの人が途中で挫折してしまいます。それはなぜでしょうか。実は日本人は塩辛い味が好みの人種だからです。世界的に見ても、和食は割と塩分が多めに含まれている傾向にあります。普段の食事から一気に塩分を抜いてしまったら、数日で飽きて塩分を一定量含んだ昔と同じような食事に戻ってしまいます。高血圧を回避するためには、普段の食事から少しずつ塩分を抜いていくようにしましょう。毎日1gずつ減らすような感じで抜いていけば、体や味覚も慣れ、塩分がほとんど含まれていない食事でも違和感無く食べることができるでしょう。

高血圧の症状を改善するためには、塩分を抜いた食事の存在が必要不可欠です。ただ塩分を抜いた食事はとても味気なく、数日で飽きが着てしまいます。その「飽き」を回避するために、辛味や酸味を持った食材を取るようにしましょう。例えば酢やレモンなどは、とても酸味のあるものですが一切塩分を含んでいません。また、カレーや胡椒、わさびなどの香辛料なども同様です。これらだったらいくら取ってもよいというわけではありませんが、これらを普段の食事に取り入れるようにすれば、少なくとも味気ない食事の足しとしては十分な力を発揮してくれるでしょう。